WEB予約

WEB予約
はコチラ

MENU

不妊治療

Infertility Treatment

不妊の定義とは?

不妊の定義とは?

妊娠を望んで夫婦生活を営んでいるにもかかわらず、1年経っても妊娠しない状態を一般的に「不妊」といいます。
ただし、そのカップルの状況や考え方によって「不妊」のとらえ方は変わってきます。40代でも妊娠は可能ですが、残念ながら年齢とともに妊娠率は下がってきます。20代でも月経不順などがあれば妊娠しにくい可能性があります。

不妊治療の進め方

まず不妊の原因がないかどうかを調べます。不妊は女性側の問題と考えられがちですが、男女それぞれに原因がある可能性があります。女性の場合は、基礎体温の測定で月経周期や排卵時期を確認します。さらにホルモン異常がないか、超音波検査で子宮筋腫やポリープなどがないか、排卵時期に卵胞が成熟しているかを確認します。また卵管疎通性検査、子宮頸がん検査、クラミジア検査なども行います。男性の場合は、精子をつくる機能に問題がないか精液検査をします。

その後は次のようなステップで治療を進めていきます。

テレサ福岡天神ウィメンズクリニックでは、タイミング法を行っています。
ステップアップされる際には、専門性の高い病院へ御紹介させていただいております。

1.タイミング法

排卵日を予測して、夫婦生活をもつタイミングを合わせて妊娠の可能性を高める方法です。基礎体温、超音波検査での卵胞確認、排卵検査薬などで排卵日を予測します。比較的負担が少ない方法ですが、タイミング法で妊娠できるかどうかは個人差があります。排卵誘発剤や黄体ホルモン補充療法などの薬物療法と併用することがあります。

2.人工授精

排卵のタイミングに合わせて、運動性の良い調整された精子を子宮腔内に注入する方法です。人工授精を複数回くり返しても妊娠しない場合は、次の方法に移ります。

3.高度生殖医療(ART)

より高度な治療法である「体外受精」は、体内から取り出した卵子と精子を体外で受精させ、培養した受精卵を体内に戻す方法です。体外受精を行っても受精しない場合には、顕微鏡で受精の手助けをする「顕微授精」を行います。

費用などについて

排卵前の超音波検査や人工授精や体外受精などは、自費診療になります。また保険適用内のタイミング法でも、特別な検査や薬の処方を受けると自費診療になることがあります。不妊治療ではこうした費用負担が大きくなることがあります。自治体による不妊治療の助成を受けられるかもしれませんので、参考にしてください。

教えて!テレサ先生

20代女性

若い頃からの体の状態が妊娠・出産に影響すると聞きました。どんなことに注意すればいいですか?
不妊につながる症状は若い頃から現れていることがあります。月経不順では、排卵の時期が分かりにくくなります。
また月経痛は子宮内膜症の要因となり、そのまま放置しておくと子宮内膜症が悪化してしまうことがあります。
クラミジアなどの性感染症が不妊や異所性(子宮外)妊娠の原因となる可能性があります。

30代女性

パートナーがいなくても妊娠に関する検査をすることができると聞きました。どんなものですか?
結婚前の準備としてはもちろん、現在パートナーがいない人も、妊娠やご自身の健康を意識した際に受けることをおすすめしているのが「プレコンセプションケア」です。
これは将来の妊娠を考えた健康チェックのことで、婦人科などで受診できます。
自治体によっては妊娠に関連した検査を公費補助で受けられることがあります。例えば福岡市では、プレコンセプションケア推進事業として市内に住民登録があり、その年度に30歳となる女性を対象に、AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査を500円で実施しています。
こうした制度も上手に利用してください。
*AMH検査=卵巣内にどのくらいの卵子が残っているかを調べる検査
pagetop